トップ / 相続税対策には不動産

不動産相場等の情報

相続税対策に不動産の活用を

高齢化社会となり、ますます相続税対策に関し、生前に行おうと行動する方が増えてきています。相続に関し、現金であればそのまま、その価格での相続となりますが、不動産を活用し、節税することができます。現金とは異なり、評価額として、相続税が変動するからです。そのため、対策として、その評価方法をきちんと理解し、評価額を下げ、節税対策をしていきましょう。不動産を利用した、相続税対策は例えば現金をそのまま持っているよりも、土地は20~30%減額、建物は30~70%程度に評価額を抑えることができます。

生活のベースとなる住宅

生活に必要なものとしてよく衣食住といいますが、人間のとって住むところは大切です。なぜなら住宅は、ただ寝泊まりする場所ではなく、そこを拠点として家族生活を営んだり仕事や地域活動に参加する大切な場所だからです。ですからそれぞれのライフスタイルに合わせて自分に合う住まいを選ぶことが必要です。良い住まいを探すのに、やはり頼りになるのは不動産会社です。住宅情報の豊富な不動産会社を選ぶことは大切ですが、住まい探しを依頼する側としても、予算や環境などに関する希望をはっきりさせておく必要があります。